ブログ

やってから悩む。恥を描く。

はーい。またまた最後の投稿から時間が経ちました。それでも1日3~5人ぐらいのアクセスがあるんです。ブログ書かないくせに誰かがアクセスしてくれてるかは見ちゃうし、その時間ブログ書けよって自分でも思うし、てかその時間勉強しろよって思うけど、誰かが見てくれてるんだなって思うとドイツで1日頑張ろうってパワー貰ってます。ありがとう。ドイツ語で言うならDanke。英語で言うならThank you。僕ぐらいになるとThx bro。

2020年が始まって、早1ヶ月半。本当にあっという間に時は過ぎ去りますね。ドイツ語で言うならDie Zeit vergeht wie im Fluge。英語で言うなら Time flies って感じですよね。

分かります分かります。

なんかイラッとしましたよね。そんな時は何言ってんだ大野。頭大丈夫か大野。この海外かぶれがカス。なんか顔デカいんだよ大野。こんな事を思いながら、Safariから見てくれた人は左下の戻るボタンを。TwitterやInstagramから見てくれた人は左上の閉じるボタンをそっと押しましょう。そして携帯を閉じ、一度、枕を顔に近づけ何かを叫び、ストレスを発散し、自分の為の時間を過ごしましょう。間違いなく有意義です。

なんやかんやでこの1ヶ月半は、大学のサッカーの授業でヘディングについてのプレゼンをめっちゃ練習したのに休講の関係で発表出来なかったり、コーディネーションの授業でドイツ語で授業を行ったけど自分のドイツ語力の無さに絶望したり、彼女の両親と急遽一緒にお昼を食べる事になってドイツ語でお母さんお父さんとお話したり、新加入選手が一曲何か歌う流れでドイツ語の歌を新加入じゃないけど歌ったり、新しいポジション(左SB)としてプレシーズンを過ごしたり、子供の練習でまだまだ失敗や上手く出来ない事も沢山あるけれど上手くオーガナイズ出来る事が増えたり、子供達が『タカ、カカ💩』から『タカ、バカ😊』って言うようになったり、子供達が練習を通して出来る事が増えて嬉しそうにその出来るようになった事を自分に見せに来てくれたり、プレシーズン中は自分自身の練習がほぼ毎日練習あったせいで行けてなかった女子チームの練習に久しぶりに行ってトレーニングしたら練習後に1人の選手が『タカの練習おもしろいから、来週も練習来てくれる?』って直接言ってくれたり、ジムと契約して筋力・瞬発系トレーニングを昨シーズンより積極的に行ったり、ジムに加入して気合入り過ぎて沢山やり過ぎて次の日風邪引いて1番楽しみにしてたチームイベント(サバゲー)に行けなくなったり、風邪引いた時にバイト先の店長がお粥作ってくれたり大家さんが飲み物やフルーツなど沢山の人に助けて頂いて生活出来てる事を改めて身を持って感じる事が出来たり、このブログを通して連絡を受けてた日本からケルン体育大学のスポーツテストを受けに来た子と知り合ったり、その子とその子のお母さんから梅干しや缶詰などのたくさんのお土産を頂いたり、去年挫折した英語の勉強を始めたり、去年始めれなかったYouTubeチャンネルを開設して何個かビデオを投稿したり、チームをもっと良くする為にどうするべきかっていう選手同士のミーティングで初めてみんなの前でドイツ語で自分の言葉で話したり、その時のドイツ語のミスやもっとこうすれば良かったって言う事が頭に浮かんで悔しい気持ちになったり、 本当に色んな事があっためちゃめちゃ濃い1ヶ月半だったなと思います。もう、この濃さはカルピスの原液とカルピスを3:1で割ったぐらいの濃さだと言われています(誰に)

『やってから悩む』『恥を描く』

この2つを個人的に大事にしてるんですけど、最後に書いたチームの話し合いになった時、大体話す奴は決まってて、いつもキャプテンかベテランの奴が意見を言って終わるんですけど、今回、チームの奴が若手や他の選手に振ったけど誰も言わなかった時に日本人の自分に振ってくれて、正直何もパッと思い付かなかったし、ドイツ語の能力も足りないけれど、自分の意見をドイツ人にドイツ語で話した時に、チームの皆んなは自分の不完全なドイツ語に対しても自分が何を伝えたいのかを聞き取ろうと必死に聞いてくれて、もちろんドイツ語の文法や同じ意味だけれどニュアンスがちょっと違ってる単語や表現も使ってたけれど、それでも自分の言葉で話終わった時に恥ずかしさから顔ちょっとネックウォーマーで隠したけれど、恥ずかしさから身体めっちゃ熱くなったけれど、話終わった後に今までと違った景色が見えてて、こういう経験をする為に大学卒業した後も自分の好きな物を追いかけてドイツまで来たんだよなって。自分っていう器を、綺麗な丸ではないけれど、不格好になっても大きく丈夫に、そして魅力的な物にするチャンスが色んな所にゴロゴロ転がってて、その為にこの2つを大事にしようって思ってたのに、自分が大事にしてるこの2つに対して本当は一歩踏み出せてなかった自分がいたんだなって。

ネット上では偽りの自分や、自分の影の部分を隠したり、自分の光の部分を自分でもっと照らす事も出来るけれど、ありのままの自分で色々な事に対して最初の一歩を踏み出して、沢山のことに対してチャレンジして、沢山恥かいて、自分の影の部分にもっと向き合って、自分の濃い影も光も含めて魅力的な人間であれるように。影が濃いって事は光の部分も濃いって事だもんね。

社会人で言ったら3年目。同期の皆んなが社会人として闘ってるんだから、自分も負けじと頑張らないとね。お互い楽しみながら頑張ろう。

久しぶりなのに気にかけてブログを見て下さってた皆さん。初めましての皆さん。なんだかんだ大野の事気にしてくれてた皆さん。大野って誰だよって思ってる皆さん。早く働けよ大野って思ってる皆さん。大野元気にしてるのか?って思ってる皆さん。

皆んな本当にありがとう。
皆んながこうやってこの長い文章をここまで読んでくれてるって考えただけで、めっちゃ頑張れます。ドイツ語で言うならVielen Dank。英語で言うならThank you so much。僕ぐらいになるとThx bro。

分かります分かります。

なんかイラッとしましたよね。そんな時は何言ってんだ大野。頭大丈夫か大(以下同文)

ここまで読んだ下さった皆さん。どうせならしれっとYouTubeの方も覗いていって下さったら嬉しいです。そしてむさぼるようにチャンネルボタンを連打してみましょう。自分に考える隙を与えてはいけません。動画がつまらない。何言ってんだこいつ。などなどの沢山の励ましのメッセージは心の中に留めておいて下さい。時差があるので。

やってから悩む。恥を描く。

これからも自分らしく一生懸命楽しんできます。

大野 嵩仁