ケルン体育大学

Endlich

はーい。

あっという間に2019年も半年を過ぎ、なんならもう後4ヶ月を切ってる事に、時の流れの早さを感じつつ、しれっと24歳になった事を未だに受け止めきれず。誕生日か。7月27日は誕生日だったんじゃないのか。なんか起きるんじゃないのか。いやなんか起きてくれよと そわそわしながら路上を歩いてる人いたら多分僕です。捕まえておいてください。

前回の投稿から、時間が経ってしまったので少し振り返ってみたいと思います。

ドイツに来て約1年半が経ちました。同期のみんなが社会人となり、ちゃんと働き自立している中、サッカーについてもっと学びたいと言いドイツに行き、自分の好きな事だけをやって来ました。好きな事をやらせてくれる両親のもとに生まれてこれて僕は本当に運が良かったとしか言いようがなく、社会人としてちゃんと働いてる友達を見ると本当に凄いと思うと同時に、自分も頑張らなきゃと勝手にパワーを貰っていました。みんなありがとう。ドイツで過ごしたこの一年半は本当に良い事も苦しい事もたくさんありました。

最初の大家さんとは、ドイツ語が上手く理解出来ず、洗濯機のルールで揉めた後、僕だけ晩御飯が出なくなったり

トルコ人の床屋に行って帰ってきたら別人になってたり

駅のホームで電車待ってたら電車代が足らないからと2ユーロせがまれて、あげたらそいつ電車に乗らずに歩き出したり

外国人用の銀行口座を作ろうとしたらシステムトラブルで2ヶ月近く作れなかったり

チームの飲み会で、一気飲みキャラになってロッカーで日本人の先輩の方と潰れたり

チームのイベントで同期の日本人とチーム日本対チームドイツでテーブルサッカーしたら10対0で負けて、罰ゲームとして裸で日本人対決して、そこでも負けたり

シーズンの残り3試合の時に、監督から累積溜まってるから絶対イエロー貰うなって言われた試合で、スローインになったボールをライマンが俺にパスしたらパスミスして、それを取りに行って、仲間に渡したらイエロー貰って累積警告で試合に出れなくなったり

そうですね。非常に充実した日々でした。

焼き魚が食べたい
1970.01.01
焼き魚が食べたい
https://yakisakana-tabetai.xyz/koeln-german-tes
ドイツ・ケルン体育大学・サッカー・コーチ

t/

この1年半の間に、沢山の外国人の友達やドイツ在住の尊敬出来る沢山の日本人の方と出会う事が出来ました。

その人達のお陰で、ドイツ生活が非常に充実したものになっています。ありがとうございます。

そして、7月半ばにしれっと過去に2回落ちてるドイツ語の試験(前回は口頭試験で落ちました)がありました。

今回、6月中ずっと日本にいて試験2週間前にドイツに戻って来たので正直言ってかなり不安でした。

本当はもっと勉強しておけばこんな不安を感じなかったのかもしれませんが、3回までしかこの試験を受けれないため、だいぶ不安でした。

いざ、試験当日。

家を出る前に、部屋にある唯一の窓が急に全く開かなくなるという、謎の不安に包まれながら家を出て、まずは筆記試験。

筆記試験は前回よりもだいぶ良い点で合格出来ました。(210点中187点)

そして、いざ口頭試験。

前回はここで落ちて、もう半年、語学学校に通わなければなりませんでした。

口頭試験のやり方は、1つの新聞記事を渡されて15分間読んで、それを要約してその後に質問に答えるという形ですが、担当の先生によって記事が変わります。

僕が渡された記事は、簡単に言うと、ドイツ下部リーグで審判が選手や観客に襲われた話でした。

(ドイツは8部リーグ以下は主審だけで公式戦が行われます。)

敵味方があってのスポーツなので、どのレベルでもどのスポーツでも審判のジャッジに対して不平不満が出るのは仕方ない事ではあると思うんですが、ラインズマンのいないサッカーで試合をコントロールするなんてものは至難の業です。

自分も1度、自分が見てるU-15の女子の公式戦を1人で審判した事があるのですが、本当に難しい。審判の方達本当にいつもお疲れ様です。

今回の試験の記事は自分がイメージしやすい内容であったため、前回と比べてちゃんと受け答えが出来ました。

そして、先生とも終始和やかに口頭試験を行い、ついにドイツ語試験 DSH に合格する事が出来ました。

この試験の合格まで、長かったようであっという間の1年と4ヶ月でしたが、意味のある時間だったと思います。

そして、10月からやっとケルン体育大学に入学出来る事が決まりました。

ここがゴールではありませんし、やっと、24歳にしてスタートラインに立てたという感じです。

同期の社会人として頑張ってるみんなと比べたら、圧倒的に差がありますが、僕は僕の道を信じて毎日精進して行きたいと思っておりますので、皆さんからのおめでとうの言葉より、おめでとうの日本食を毎日お待ちしております。 と言いたいところですが、そんな欲張りな事よりも 皆さんのオススメの本やサイトがありましたらコメント欄や直接連絡して頂ければ助かります。ジャンルは問いません。

僕が沢山の方々のお陰でドイツで好きな事、ケルン体育大学で勉強を始める事が出来たように、他の方々の助けになれればと思っていますので、是非、何か聞きたい事がある方はご連絡下さい。返信は遅くなりますが答えれる範囲でちゃんとお答えします。

またこれからは、内容スッカスカなブログだけでなく、ドイツに来る前に自分自身が知りたかったビザや保険、ドイツ下部リーグのサッカー事情やコーチ、ケルン体育大学の事などの、もしかしたら誰かの役に立つのではないかと思われるブログも書いていきたいと思います。

そして、今シーズンから5部のチームにしれっと移籍してこの前しれっと開幕戦やってました。

自分は後半75分から3-1-4-2のトップ下で出場しました。これ本当です。

そしてこの前の水曜日には左ウイングバックとして90分カップ戦戦ってきました。これも本当です。

そして昨日は、リーグ第2節でありホーム開幕戦でした。怪我人などの影響もあり、左ウイングバックとしてスタメン出場しました。前半の途中にセンターバックの1人が怪我をして、新しいチームに来てから久しぶりのセンターバックやりました。

試合自体は同じチームの日本人の同級生が逆転ゴールを決めて2-1で勝ち。

やっぱね、サッカー最高。審判にめちゃくちゃ文句言っちゃったけど、試合に出て勝つってほんと最高。24歳になっても本気でサッカーやれる事に感謝です。

個人的にこの日本人の同級生を人としてもプレーヤーとしても、凄く尊敬しているんですけど、自分が点決めたわけではないのに、自分のゴールかのように嬉しかったです。僕も誰かにとってそういう人間になれるよう日々精進していきたいと思います。

まずは自分の居場所をちゃんと作れるように。

サッカーの事はまた別に書きますね。

なんで、こう 僕がサッカーしてる時の写真は変な写真ばっかなんだろう。。

みなさんこれからも よろしくお願いします。

大野 嵩仁

こちらの記事もおすすめ!